外壁リフォーム無料相談.com

外壁塗装 見積り

外壁塗装の見積りは設計事務所や工務店にお願いします。同じようで実は違う。
■設計事務所
お客さんの立場で工事の時期や内容を検討して独自に相場をにらんだ概算をだしたり複数の業者から見積りを取って比較してくれます。ただし、実際にいくらで工事ができるかは工務店と契約するまで確定しません。

■工務店
工事が実際にいくらでできるのかを現地を確認したりして見積りを出してくれます。お客さんとは1対1の関係なので、比較するには複数の業者と同じことを行う必要があります。原則、見積り金額と契約金額は同じになります。

外壁塗装 安くする術

今、一番 外壁塗装を安くする方法はネットの一括見積りを利用する方法です。

ポイントは
1.工務店は他の工務店との競争になるので安い見積りを出さざるを得ない。
2.業者が一括見積りとの提携を維持するには一定の品質を保つ必要がある。
3.お客さんは同じことを何社も説明する手間が省ける。

一括見積りサービスはこんな所があります。
ヌリカエ
外壁塗装の窓口
​外壁塗装の駆け込み寺


工務店は他に競争相手が居ると安い見積りを価格を提示しないと仕事が貰えないので、飛び込み営業よりも安い見積りを貰える可能性が高くなります。広告やチラシは安い金額が掲載してあっても、条件がイロイロついていて、依頼したら結局高くなってしまうことがよくあります。

ネットの一括見積りと設計事務所との比較はどうでしょう。
信頼できる設計事務所があれば、そちらがオススメ。しかし、多くの方はどんな設計事務所があるか知りませんよね。電話帳やネットで設計事務所を調べたとしても
その設計事務所は信用していいの?

不安が残ります。設計事務所だと途中で取りやめた場合でも、それまでにお願いした作業量に応じた費用が発生してしまいます。気軽に相談するにはハードルが高いのが実情ですね。その代わり、外壁塗装の材料や品質について専門家としての意見が聞けたり、デザインの相談やその他のリフォームを合わせて相談したりできるなどのメリットがあります。

外壁塗装 色

外壁塗装の色選びのコツは、
・サンプルよりも濃い目の色を選ぶこと。
色は同じ色でも、小さいものほど濃く、広い面積のものほど明るく見えます。落ち着いた色を選んだつもりが明る過ぎたり、色味が無くなって感じたりすることが多くあります。

・サンプルは屋外でいろいろな角度で見て確認する。
室内で見て決めてしまうのはNG。照明の下でみるのと、屋外の日光で見るのとでは色の見え方は全然違います。特に凹凸がある表面仕上げの場合は影のでかたで印象が違ってきますよ。
候補の色と表面の凹凸デザインが決まったら、色は濃、中、淡の3パターン。コレにツヤを全ツヤと7分ツヤぐらいを用意してもらい、屋外で確認するようにしてくださいね。

・ポイントで濃い色を使う。
全面を同じ色で塗ってしまうとのっぺりした印象になりがち。玄関回りやサッシに合わせて少し色を塗り分けるだけでおしゃれな印象にガラっとかわりますよ♪

 

トップへ戻る→いいもの発見

リンク集
いいもの発見


 

 

コンシェルジュが
外壁塗装の悩みにお応え!
「ヌリカエ」

 

 

見積り比較に慣れた方は
多くの見積がスグ集まるココ
「外壁塗装駆け込み寺」

 

 

いくらかかるかスグ知りたい!!
「外壁塗装の窓口」

 

 

© 2017 外壁塗装を安くするコツ rss