子供の歯磨き

子供の歯磨き

子供の歯磨きって いつごろからどうやってしたらいいの?そんな疑問にお答えします。

いいもの発見 > 子供の歯磨き

子供の歯磨き いつから

 子供の歯磨きは、歯が生え始めたら早速はじめましょう。前歯が最初に生えてきますが、いきなりブラシで磨くのはムリ!!いやがって、とても歯磨きになりません。

 はじめはガーゼで指をくるんでこすり洗いからはじめるとイイですよ。慣れてきたら、赤ちゃん用の歯ブラシで声掛けしながらしてあげるといいんじゃないでしょうか。

なによりも、親が歯磨きするところを見せてあげるのが一番!!

赤ちゃんは親のものまねが大好き。きっとママの歯磨きをマネしたくなることでしょう。

 

子供の歯磨き 仕上げ

 仕上げ磨きは子供のうちは難しいので、必ず親がして上げてくださいね。小学生の低学年の内に仕上げまで一人でできるようになるのが目安ですよ。

 その頃には親に仕上げ磨きをされるのを嫌がる子供も居ますので、少しずつでも自分でちゃんと磨けるように教えて上げることが大切です。

虫歯になりやすいのは上の前歯と、上下の奥歯。

 磨く順番は奥歯から順に磨き、前歯まで1本1本を意識しながら優しく、だけど丁寧に磨いていきます。強くこすって子供に痛い思いをさせてしまっては歯磨きが嫌いになっちゃいます。間食をあまりしない幼児期であれば唾液の作用でさほど汚れません。

 あまり神経質にならず、汚れが溜まりやすい奥歯と上の前歯だけはしっかり仕上げしてあげて、あとは歯磨き習慣を身につけるためのトレーニングと思うといいのでないでしょうか。

子供の歯磨き フッ素

 最近は歯医者さんでフッ素を塗ってもらう人も増えてきました。あまり過信せずに歯磨き習慣をしっかりと身につけるよう指導したいものです。虫歯予防という意味ではフッ素も効果的ですが、口内を殺菌してくれるデンタルリンスもオススメですね。

 定期検診の際は虫歯だけでなく歯並びについても相談するとよいでしょう。柔らかい食事の増えた現代の子供はアゴが未発達の状態で歯だけが成長してしまうことがあります。

 こうなると、窮屈な場所に生えた歯が前後にずれたり、噛み合わせで下の歯が前にでてしまうシャクレた状態になってしまいます。前兆が見られたら早めに矯正を始めたほうが、子供もつらく大掛かりな矯正に至らずにすむようになるでしょう。

 やっと、産後抜け毛の恐怖から解放された!

子供の歯磨き トップへ戻る

Copyright 2015 © いいもの発見 All Rights Reserved.

  • SEOブログパーツ